赤ちゃんは楽しい!

赤ちゃんの五感の発達

赤ちゃんから見た私たちはどのように映っているのでしょうか。
赤ちゃんの五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)について少しお話したいと思います。

・赤ちゃんの視覚

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中に居る時に、子宮内に届く光に反応し、生まれた時の視力は0.1くらいと言われています。

赤ちゃんは抱っこしてくれている人の顔は見えているようです。
母親と他の人の顔の区別が分かっているようですね。

また、赤ちゃんは明るい鮮やかな色に関心を持つので、色使いのはっきりしたおもちゃなどは、目で追うこともあります。

・赤ちゃんの聴覚

高く響く音には、新生児期の赤ちゃんでも興味を示し、さまざまな音をはっきり聞き分けています。

考えてみてください。みなさんが赤ちゃんをあやす時は、自然に声のトーンが高くなることと思います。

それは、人間はそのことを本能的に知っているからと考えられています。

赤ちゃんは、子宮内で聞こえていた音にも安らぎを感じ、ママの声は赤ちゃんに落ち着きを与えてくれます。

ママがやさしく語りかけてあげる声は、赤ちゃんがいちばん安らぐことでしょう。

・赤ちゃんの嗅覚

赤ちゃんにとって母乳とはとても大切な食事になります。
そのため、母乳のにおいをかぎ分けることが出来るようです。

動物までとは言いませんが、赤ちゃんの嗅覚は大人以上に優れていると言えるかもしれません。

赤ちゃんは、好きな匂いや、嫌な臭いにも敏感で、鼻をつくようなにおいの時は、顔をしかめたりしますヨ。

・赤ちゃんの味覚

赤ちゃんは、味覚も優れています。
赤ちゃんはいつも飲んでいる母乳の味がすぐに分かり、他のお母さんの母乳と区別することが出来ると言われています。

たとえば、普段慣れ親しんだ粉ミルクを変えると、あまり飲まなくなってしまったりすることもあります。

赤ちゃんは、甘い味が大好きで、辛い味やすっぱい味は苦手のようですね。

・赤ちゃんの触覚

赤ちゃんは、周囲の温度の変化をしっかり感じて取っています。
ママの乳首周辺は体温が高いため、その温度を感じ取りながら、乳首を探し当てているのです。

しかし、まだまだ赤ちゃんは自分で体温を調節することが難しいので、衣類や布団など、室温の調整をして体温を保ってあげましょう。

もちろん、ママの肌に触れていることもしっかり分かります。

赤ちゃんは、ママとのスキンシップが大好きで、とても安心するのですね。
優しく抱きしめてあげてくださいね。

 
赤ちゃんは楽しい! TOPへ 赤ちゃんの発育 赤ちゃんの五感の発達