赤ちゃんは楽しい!

赤ちゃんの視力

赤ちゃんの目ってどうなっているのでしょう?
ちゃんと自分達のことが見えているのかな?
ママにとって、赤ちゃんの視力って結構気になりますよね。

実は新生児期の赤ちゃんは、まだぼんやりとしか見えていません。
生後3ヶ月を過ぎるとだんだん焦点が合ってくるようです。
赤ちゃんの視力は、色々な物を見ることによって、脳の神経を刺激してやることで育っていきます。

赤ちゃんは人の顔に特に興味を持ちますよね。
子育て中のママは、積極的に赤ちゃんの顔や目を見てあげて、なるべく語りかけるように心がけてください。

そうすると、赤ちゃんの脳は自然に刺激されて、視力の発達につながります。

赤ちゃんの時期にポイントになるのが、2ヶ月までにできる凝視と、3ヶ月以降の追視です。

この2つがしっかりできていれば、赤ちゃんの目の発達は正常であると言えます。

凝視や追視は、普段の生活の中で簡単にチェックできますよね。
赤ちゃんとの遊びのつもりで、ぜひやってみてください。

また、6ヶ月前後の視力発達が著しい時期に、斜視や片目に病気があると、視力発達を防いでしまうことになりますので、ママは普段からよく赤ちゃんを観察してあげてくださいね。

8ヶ月前後になると、目の機能が発達して立体視ができるようになります。
自分と物との距離も正確に把握できるようになってきます。

2歳くらいになると、視力は0.5程度まで発達するようです。
3歳くらいでようやく半数くらいの子が、大人並の視力1.0になります。

4歳で7割くらい、5歳で8割くらいに増えて、6歳頃にはほとんどの子供が1.0くらいになります。

何か原因があり、脳の神経にうまく刺激が伝わらなかったりしますと、赤ちゃんの視力は育ちません。

目の異常はできるだけ早く、3歳前に発見してあげるのがベストです。
子供が小さいうちはなかなか難しいですが、発見が早ければ早いほど、視力回復しやすくなるので、気をつけてみてあげてくださいね。

 
赤ちゃんは楽しい! TOPへ 赤ちゃんの発育 赤ちゃんの視力