赤ちゃんは楽しい!

赤ちゃんのうんち

赤ちゃんといえば、1日に何回もうんちをしますよね。
初めての赤ちゃんの時は、本当にびっくりすることと思います。

おむつがあっという間になくなって・・・。

授乳のたびにうんちをしていたので、大丈夫?と思ってしまうほどの頻度なのですが、これが正常なのですね。

赤ちゃんのうんちの色も驚きでした。黄色や緑です。

黄色は、胆汁色素ビリルビンの影響を受けている色です。
また、乳児期に多い緑色のうんちは、腸の中で空気と混ざったために酸化した色です。

この緑色のうんちは、授乳の時に空気をたくさん飲み込んだ時や、うんちが出ていなかった時によく見られるのだそうです。

生後2~3ヶ月頃になると、うんちの回数が徐々に減ってきて、急に何日も出なくなることがあったりします。

1週間排便しなくても、赤ちゃんが苦しそうでもなく、おっぱいやミルクをきちんと飲んでいれば問題はありません。

はじめての子供のときは、うんちが1週間くらい出なくてもあせらないようにしましょう。

心配になって育児書を読むことは良いことですが、焦って浣腸してみたりするのは、子供が泣いて痛がるだけです。

特に子供のお腹が張っていなければ、大丈夫です。

しかし、うんちが1週間以上出ていなくて、子供の機嫌も悪く、苦しそうにしている場合は、お医者様への受診をお勧めします。

子供のうんちは健康のバロメーターですよね。
子供のうんちを毎日チェックできるのは、ママだけなのです。

子育て中は忙しいですが、うんちのおむつを替える時、硬すぎないか、ゆるすぎないか、どんな色をしているか、ちらっとでも良いのでチェックしておいてくださいね。

 
赤ちゃんは楽しい! TOPへ 赤ちゃんの発育 赤ちゃんのうんち