赤ちゃんは楽しい!

赤ちゃんの初宮参り

初宮参りといえば、赤ちゃんと初めて正式な場所へのお出かけですね。
今までお家で子育てだけに追われていたママとしては、ちょっとドキドキしますよね。

では、初宮参りとは、どういったものなのでしょうか。

昔の考え方では、氏神様に赤ちゃんが無事に誕生したことを報告する為の儀式だったようです。
しかし今では、赤ちゃんの成長をみんなで願う儀式になってきていますね。

お宮参りの時期ですが、男の子は生後31日目、女の子は33日目というのが、最も一般的なようです。

まあ、これはそれほどこだわらなくて良いと思います。

真夏の暑い時期だったり真冬の寒い時期ですと、赤ちゃんもママも大変ですからね。

また、ママの体調のほうも、産後1ヶ月くらいではまだまだ本調子ではない場合もあります。

少しくらいずれてしまってもいいと思いますので、お参りしやすい時期を選んでくださいね。

お参りの仕方ですが、正式にはパパ側の祖母が子どもを抱いて、ママが付き添うのがしきたりになっているようです。

ですが、これも最近では特にこだわらずに、皆でやりやすいように、和やかにできれば良いと思います。

服装ですが、正式な赤ちゃんの掛け物は、男の子なら染抜きの五つ紋の黒羽二重熨斗目模様広袖、女の子は五つ紋、絵羽模様広袖です。

ママの服装は、正式には黒の留袖です。
そこまでする必要はなくても、色無地、訪問着などでも十分ですね。

ちょっと硬いなぁと思われる方は、もっとラフに、赤ちゃんはベビードレスで打ち着だけレンタルして、ママも洋服でも問題ありません。

洋服の場合、黒は避けて明るい色のワンピースやスーツが良いですね。

お参りの仕方は、お賽銭(さいせん)をあげて、鈴を鳴らし合掌し、赤ちゃんの健やかな成長を祈願します。

丁寧にお参りする場合は、神官のおはらいをうけて祝詞をあげてもらいましょう。

この場合はお礼が必要です。
一般的には5000円程度ですが、その神社によって違いますので、確認してみてくださいね。

 
赤ちゃんは楽しい! TOPへ 赤ちゃんとお出かけ 赤ちゃんの初宮参り