赤ちゃんは楽しい!

赤ちゃんの泣きかた

産まれたばっかりの赤ちゃんは、とても愛おしいですね。
この赤ちゃんは、泣くことでしか自分の意思表示をできないです。

この時期の赤ちゃんといえば、さんざん泣いておっぱいを飲んで、ぐっすり眠ることがが毎日の生活です。

では、なぜ赤ちゃんは泣くのか?と言いますと、生理的なことが原因になっているのです。

生後1~2ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、お腹がすいた時、暑い時、寒い時、おむつがぬれた時等で、お母さんに意思表示をしています。

そして、抱っこして欲しい時や甘えたい時に、泣いて気持ちを伝えるようになります。

それでも毎日赤ちゃんと一緒に居ても、赤ちゃんが泣いている理由が分からないこともあることでしょう。

そういう時は、「どうしたのかな?」と優しく声をかけてあげたりすると良いです。

赤ちゃんをしっかり抱いて、その気持ちを受け止めてあげると、泣き止むこともあります。

よく「抱きぐせ」がつくと言う言葉を耳にすると思いますが、抱きぐせは気にせずに、たくさん抱っこしてあげていいのです。

抱いてあげられる時は抱っこしてあげてくださいね。

また、赤ちゃんの泣き方にはそれぞれ個性があります。

よく泣く赤ちゃんもいれば、そうでない赤ちゃんもいます。
これは生まれつきと考えてみてください。

赤ちゃんが泣く・泣かないには関係なく、放っておくことは絶対にしないでくださいね。

泣き方を見分ける目安としては、

・お腹が空いている時・・・

激しく泣いたり、穏やかになったりを繰り返します。
赤ちゃんが穏やかになった後に、口に触れる物を吸うようでしたら、お腹が空いていることでしょう。

・眠いとき・・・

赤ちゃんは、布団やママの服などに顔をこすりつけてきます。
ちょっとぐずったりすることもあります。

・痛いとき・・・

当たり前ですが、痛いときは激しく泣きます。
この場合は、おっぱいを飲ませてもまったく泣き止まないので、どこが痛いのか慎重に見分けてくださいね。

ちなみに、おなかが痛いときは、赤ちゃんの両足が縮まります。

・不安、不快なとき・・・

突然思い出したよう泣くことがあります。

おむつは汚れていないか、体が虫に刺されていないかなど、赤ちゃんを裸にしてよく見てあげてください。

異常が無いときは、不安になったり、驚いたりしただけかもしれません。
お母さんがしっかりと抱っこしてあげてくださいね。

 
赤ちゃんは楽しい! TOPへ 赤ちゃんのしぐさ 赤ちゃんの泣きかた