赤ちゃんは楽しい!

赤ちゃんの向き癖

ほとんどの赤ちゃんは、同じ方向を向いて眠りますよね。
これは良く耳にする、「向き癖」とうものです。

この向き癖があると、赤ちゃんの頭はだんだんと歪んでいきます。
時には顔の形まで変わってきてしまう赤ちゃんもいるらしいです。
子育て中のママ達にとっては、とっても気になってしまいますよね。

では、この向き癖を直す方法というのはあるのでしょうか?
しかし残念ながら、私の経験上ですが、これが確実に効く、という方法はありません。

でも、赤ちゃんのためにちょっとでも改善してあげたいというのが親心ですよネ。
簡単にできる方法をいくつか紹介しますので、試してみてもよいかもしれません。

まず、赤ちゃんは明るい光に敏感に反応します。
これを利用して、向き癖がついていない側を、明るい窓辺や室内灯のほうに向けてあげます。

赤ちゃんを向かせた後は、向き癖の方を向いてしまわないように、タオルなどで固定しておくと良いです。

また、赤ちゃんは物音や人の気配など、興味のある方に顔を向けようとする習性があります。
そのため、向き癖がついていない側を人がよく通る側にしたり、そちらから頻繁に声をかけてやったりすることで少し改善することもできます。

向き癖を防ぐ赤ちゃん用枕などもありますので、一度使ってみても良いかもしれませんね。

でも、向き癖が治らなくても決して心配しないでください。

頭の歪みは、寝ている時間が短くなってくるにつれて、だんだんと直っていき、2~3才の頃には髪の毛も増え、ほとんど分からなくなってきます。

実際、新生児の頃に頭の歪みがひどかった子供も、5~6歳になるころには、全く気にならないという方も多いです。

一定の方向を向いて居心地が良い状態でいるのに、わざわざ反対側に向けられたら赤ちゃんは寝にくくなってしまいますよね。

やはり、歪みは自然に治るものなので、赤ちゃんの機嫌を損ねてまで、直す必要はないのかな、と思います。

 
赤ちゃんは楽しい! TOPへ 赤ちゃんのしぐさ 赤ちゃんの向き癖