赤ちゃんは楽しい!

赤ちゃんの授乳

赤ちゃんの生活は単純ですよね。
泣く、おっぱいを飲む(ミルクを飲む)、おしっこ・うんちをする、眠る。
大きく分けて、この4つの行動です。

赤ちゃんがだんだん大きくなるにつれて、起きている時間が徐々に長くなり、遊んでいる時間や機嫌良く過ごしている時間なども増えてきます。

赤ちゃんとの生活の中で、子育て中のママが一番気になることは、おっぱい・ミルクを飲ませること=授乳ですよね。

赤ちゃんが泣いて、機嫌が悪くなってきたら授乳する、というママさんが多いようですね。
産まれて間もない赤ちゃんの場合は、だいたい3時間おきの授乳が多いです。

しかし、低月齢の間は、まだ授乳ペースが定まらないことが多いですので、あまり授乳回数は気にせずに、赤ちゃんが飲みたいだけ飲ませてあげることが一番のようです。

飲みすぎて大丈夫かな?
と、ついつい気にしてしまうママもいるとは思いますが、赤ちゃんは飲みたくもないのに無理に飲むことはしないようです。

ただ、ミルクで子育て中の赤ちゃんは、おっぱいで子育て中の赤ちゃんより消化に時間がかかるため、最低2~3時間は間隔を空けたほうが良い、とも言われています。

もし、赤ちゃんが頻繁に泣いて、おっぱいやミルクを欲しがっている時は、単に量の不足も考えられます。

体重が順調に増えていれば問題ないのですが、あまり赤ちゃんが泣いているようでしたら一回のミルクの量を増やしてみるのも良いでしょう。
おっぱいの場合は、授乳後にミルクを足してみましょう。

そうは言っても、赤ちゃんにもそれぞれ個性があり、生活リズムも様々なのです。

赤ちゃんのなかには、1時間おきにおっぱいを飲むペースの赤ちゃんもいます。
それとは逆に、4~5時間くらい授乳間隔が空いている赤ちゃんもいます。

授乳回数ばかりを気にしていると、ママにとってはそれもストレスに感じてしまいますよね。

赤ちゃんの機嫌が良いのであれば、授乳回数がたとえ多くてもあまり気にしないで、それはその子のペースなのだと思って、頑張ってみてくださいね。

 
赤ちゃんは楽しい! TOPへ 赤ちゃんの食事と生活 赤ちゃんの授乳