赤ちゃんは楽しい!

赤ちゃんの離乳食

赤ちゃんも大きくなってくると、おっぱいやミルクを飲むだけだった食事から、だんだんこちらの食べているものに興味を持ってきます。

赤ちゃんが「何を食べているの~?」という感じで寄ってきたら、離乳食開始の合図です。

離乳食は、一般的には5ヶ月頃から始めると良いです。

早すぎる離乳食は、アレルギーを起こしやすく、赤ちゃんの消化機能もまだまだ未熟です。
逆に遅すぎると、子供の噛む力の発達や鉄分不足という問題が出てきます。

離乳食は、早くても4ヶ月過ぎ頃から、遅くとも6ヶ月頃に始めると良いようですね。

4~5ヶ月頃は離乳食初期で、最初はすりつぶしたおかゆなどから始めます。

赤ちゃんがおかゆに慣れたら、野菜類やタンパク質の元となる食品を与えていきます。
ゆっくりと色々な食材を増やしてあげましょう。

赤ちゃんが空腹の時の方がたくさん食べてくれるので、最初は授乳時間の1回を離乳食にします。

午前でも午後でも良いので、お母さんの都合の良い授乳時間にあてはめて、できるだけ同じ時間帯が良いでしょう。

でも母乳の場合は、なかなか授乳時間が決まらないことがありますよね。

そういう場合は、離乳食タイムをお母さんが決めて、前2時間は授乳せずに離乳食を与えるようにます。

赤ちゃんがどろどろ状なものに慣れてきたら、少しずつ水分を減らしていき、徐々に固さを増やしてあげます。

赤ちゃんが嫌がる時は、またどろどろにしてみて様子を見、ゆっくりで良いので液体ではない固さに徐々に馴染ませていきます。

6~7ヶ月の離乳食中期は、舌でつぶす練習をさせるために、柔らかいつぶつぶがある豆腐のような離乳食を与えていきます。

食事回数も、午前と午後に1回ずつするなど、2回食にしていきます。

8~9ヶ月の離乳食下期は、食材も色々増えていきます。
いろんな物をゆっくり食べさせてあげることがポイントです。

急に食材を固くすると、よく噛むことができない、まる飲みの習慣がつく場合がありますので、注意が必要です。
赤ちゃんの発達に合った固さの離乳食が必要になります。

この時期の赤ちゃんの舌は、左右にも動くようになって、食べ物を左右に寄せて歯茎でつぶして食べられるようになります。
歯茎で簡単につぶせるバナナくらいの固さの離乳食を作ってあげると良いでしょう。

10~15ヶ月は離乳食完了期です。もうすぐゴールですね!
味はまだまだ薄めで良いですが、大人と同じ3回食にし、足りない分はミルクで補給します。

この時期、奥歯が生えてくる子もいて、噛む力も強くなるので、離乳食の形を少し大きめにして、しっかり噛む練習をさせてあげましょう。

手で掴めるもの(小さなおにぎりやサンドイッチなど)を作ってあげて、自分で食べる事を覚えさせていっても良い時期ですね。

以上が一般的な離乳食の進め方になりますが、赤ちゃんにも当然個人差があります。

ミルクやおっぱいが大好きで、1歳頃まで全く食べなかった、という赤ちゃんもいます。

子育て中は、ついつい色々なことが不安に思えてきてしまいますが、自分の子供が食べないからといって、不安に思ったり、あせったりする必要は全くないのです。

その子にはその子のペースがあります。
昨日までまったく食べなかったのに、急に食べるようになった、なんて話もよく聞きます。

もし、赤ちゃんが食べない時は、それをストレスに感じないように、潔く離乳食を休憩してあげてください。
赤ちゃんのペースに合わせて、楽しみながらゆっくり頑張ってくださいね。

 
赤ちゃんは楽しい! TOPへ 赤ちゃんの食事と生活 赤ちゃんの離乳食