赤ちゃんは楽しい!

赤ちゃんの発熱

子育て中のお母さん達にとって、一番気がかりになるのはやはり子供の健康ですよね。

赤ちゃんが熱を出してぐったりしてしまった時などは、初めて経験するお母さんにとっては、とても心配になってしまうと思います。

たとえ元気そうにしていても、子供というのは急に風邪をひいたり発熱したりしてしまうものです。

そういう時に焦らないためにも、どういう対処をしたら良いのか、勉強しておくことは大切です。

赤ちゃんが発熱したら、まず、とにかく安静にします。

熱があっても、あまり高くなければ元気にしている子供もいるにはいます。
でもやっぱり、安静は大切です。
外出は控えて、室内で遊ばせるようにしましょう。

次に、水分の補給を心がけます。
最近は、乳児用イオン水など、薬局などで簡単に手に入れることができますので、常にお家に常備しておいても良いかもしれませんね。

お風呂は控えます。大人でも少し控えますよね。
熱があまり高くなければお風呂に入っても良いのでは、といった考え方もあるようなのですが、やっぱり高熱が出た時は子供の体力を奪ってしまいますので、避けた方が良いかと思います。
お母さんが温かいタオルで体を拭いてあげてくださいね。

発熱すると、つい服を1枚余分に着させて、さらにお布団を何枚も重ねがちなのですが、熱が高い時はかえって熱を上げてしまいます。
赤ちゃんを寝かせる時は、1枚服を脱がせて熱をうまく逃がしてやることも重要です。

2歳くらいまでの子供は抵抗力が弱く、一旦風邪をひくとこじらせてしまう場合も少なくありません。

熱が38度以上あって、子供の元気がない時は、すぐにお医者さんを受診してくださいね。

熱はそれほど高くなくて元気もある時は、とりあえず一日お家で様子を見ても良いでしょう。

もし次の日に熱が下がらなければ、38度以上なくても受診することをお勧めします。

実は4ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、お母さんから譲り受けた免疫力に守られているのです。
そのため、病気になりにくく、熱も出しにくいのです。

ですが、絶対熱を出さない、というわけではありませんので、参考程度にとどめておいてください。
実際に私の子供は、2ヶ月の時に発熱しましたが・・・。

とにかく、産後間もない赤ちゃんが発熱した場合、すぐにお医者さんを受診したほうが良いでしょう。

熱が39度以上ある場合などは、敗血症や髄膜炎の心配もあります。

たとえ熱がなくても、鼻水やせきが出ていて苦しそうにしている時は、やはりすぐに受診したほうが良いでしょう。

まだ免疫機能のできあがっていない赤ちゃんは、肺炎や気管支炎など、合併症を起こしてしまう危険性もあるので気をつけてくださいね。

 
赤ちゃんは楽しい! TOPへ 赤ちゃんの病気 赤ちゃんの発熱